OATアグリオの年収 中堅農薬会社だが、年収は700万超

OATアグリオ 年収化学メーカー

OATアグリオの年収、福利厚生、企業年金、有給消化率等のワークライフバランスを調査しました。

有価証券報告書と会社のHP等から待遇を探るデータを調査しています。

スポンサーリンク

OATアグリオってどんな会社?

2010年に大塚化学のアグリテクノ事業部が分離独立した農薬・肥料の研究開発、製造及び販売をしている会社です。売上は2016年実績で130億程、営業利益16億程の東証1部に上場する企業です。

防除技術(農薬製品)、施肥灌水技術(肥料製品)、バイオスティミュラント(植物成長調整剤)が3本柱でありますが、特徴としては農薬製品に加えて、作物に生物的な刺激を与えて免疫機能を高めるバイオスティミュラントで「作物を元気に育てる」ことに力を注いでいる点です。
農薬は使い続けると耐性ができてしまい、なるべく必要最小限にして免疫力を高めるという点に注力している点です。

OATアグリオの年収・勤続年数の推移

有価証券報告書の提出会社の状況より〇の年収・勤続年数のデータを集計・グラフ化しております。

従業員数平均年齢勤続年数年収
2015年120人42.2歳4.0年7,605,793
2016年135人42.8歳4.4年7,162,248

上場して間もないので、2年分のデータしかありませんが、7百万台と比較的高い水準となっています。平均勤続年数がまだ短いのは、2010年に分社独立したためで、特段問題ないかと思います。

OATアグリオの年収・基本給・退職金等の待遇

給与

博士:月給25万5千円
修士:月給22万7千円
大卒:月給20万4千円
(2016年4月実績)

修士は22万とメーカーとしては一般的な水準で博士卒の給与はトップメーカーには劣るが、平均的な水準です。

■年収例
あくまで口コミを参考にした例であり、実際の年収は評価や配属により異なりますので、参考程度にとらえてください。

27歳 平430万円
30歳 平450万円
35歳 主任600万
43歳 課長 850万

■OATアグリオの企業年金

有価証券報告書には退職一時金制度、確定給付企業年金及び確定拠出年金からなる退職金制度を採用しているとのことで、確定拠出年金と確定給付年金両方の制度があり、充実していることがうかがえます。

残業時間とワークライフバランス

■休日について
HPによると年間休日125日以上とのことで休日数は120日を大きく超えています。

■労働時間と残業時間

本社・支店 : 9:00~17:20(内休憩 50分)
研究所   : 8:00~17:00(内休憩 60分)

本社は7時間半、研究所は8時間と労働時間が違うようです。

OATアグリオの福利厚生等

■福利厚生

退職金、退職年金、半日休暇制度、財形貯蓄、従業員持株会、借上社宅制度、表彰制度、健康診断 等

持株会や借上げ社宅制度等一般的な制度は揃っているようです。

退職金だけでなく、退職年金もあるので、安心できます。

■労働組合の有無。
労働組合はないようです。

まとめ

農薬というと一般的にはあまりいいイメージがないのかもしれませんし、地味な会社ですが、世界の人口と食糧事情を考えると農薬やいかに少ない土地で効率的に栽培する技術は有望な分野かと思います。
年収は700万を超えており、狙い目の企業なのではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました