専門商社への転職におすすめの転職エージェント

専門商社 転職転職エージェント

総合商社程人気企業ではありませんが、実は高待遇の企業が存在する業界として専門商社を紹介しましたが、今回は専門商社の転職におすすめの転職エージェントを紹介したいと思います。
専門商社は紹介したように優良企業もありますが、特徴のない専門商社はメーカーの御用聞きとなっており、ブラックな職場も多いので、エージェントを利用して内部情報を把握することをおすすめします。

JACリクルートメント

個人的には一番おすすめの転職エージェントです。
外資系企業や日系グローバル企業に強い転職エージェントで年収が800万を超える比較的ハイクラスの求人が多いのが特徴です。

リクルート、DODAに続き、業界3位のエージェントでもあります。外資系や英語に特化した転職サイトも運営しており、グローバルに展開する専門商社にも強いです。
英文レジュメの無料添削や英語面接対策等外資系企業等に転職するのに役立つサービスも受けることができます。

私も利用しましたが、エージェントの質も高く、求人の質も高かったことからおすすめできます。職種や業界ごとに専門の部署があり、大手2社に比べて異動も少ないことから専門知識が蓄積されやすいようです。
確かに専門商社のみを多く紹介してくれるコンサルタントの方がおり、専門商社の案件も何点か実際に紹介を受けました。

DODA

業界2位の大手転職エージェントです。
専門商社の内、大手企業はやはり大手のエージェントを使うことが多く、大手の専門商社への転職を目指すのであれば、やはり大手は非公開の求人数が豊富なため、登録しておいて損はないエージェントかと思います。
リクルートに比べると、結構押しが強いですが、リクルートと比較して、求職者の受け入れの間口が広い印象があります。

リクルートエージェント

業界首位の転職エージェントです。
エージェントの方はDODAに比べると3ヶ月という期限を切って行うため、ドライな感じですが、業界最大手で求人は最も多く保有しているため、案件はどんどん紹介してくれますし、エージェントの方の質は高めです。

商社の求人数を調べると公開求人は1,000件以上、非公開求人は7,000件以上(2018年3月時点)とかなりの求人数がありますので、大手総合商社から中堅のニッチな専門商社まで選択肢は多いかと思います。

又、海外駐在を前提とした求人を扱っていることもあるので、海外駐在に興味がある方は要チェックです。

ビズリーチ

BIZREACH

ビズリーチは会員制の転職サイトで転職者に対してはハイクラス求人、企業に対しては即戦力の採用をうたい差別化を図っていることが特徴です。
転職者と転職エージェント及び企業を結びつけるプラットフォームを運営しているといえばわかりやすいでしょうか。

年収1,000万以上のハイクラスをうたってはいますが、登録制限があるわけではなく、現在の年収が750万以下であればタレント会員、750万以上であればハイクラス会員として区別しており、応募できる求人が違ってくるようです。
履歴書を登録すると複数のエージェントからスカウトがくる仕組みとなっており、専門商社に強いエージェントや魅力的な専門商社の案件も見つかる可能性が高まります。

ただ、利用にあたっては現在の年収500万以上の方のみの利用をおすすめします。
やはりこのサイトを使って価値があるのは、スキルがあり、年収も一定以上ある方が更なるステップアップを目指してヘッドハンティングを受けることにあるかと思いますので、特段自分の強みがあるわけではない方は他の転職エージェントを使った方がサポートも受けられるかと思います。
使う人を選ぶ転職サイトかと思います。

アバンティ

https://tenshoku.avantistaff.com

アヴァンティは、みずほ銀行と丸紅が出資する人材サービス会社です。
求人数自体は少ないですが、丸紅とみずほ銀行の求人の特集をやっており、丸紅系の専門商社もの求人もあることからチェックしておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました