沖縄の隠れた大手優良企業

沖縄の隠れた大手優良企業 隠れ優良企業のまとめ

沖縄は、海もきれいで住みやすい環境ですが、沖縄は本土と離れていることもあり、実は沖縄の平均年収は全国でもワースト1位となっております。
厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」によると2017年の沖縄県の平均年収は366万1900円(平均年齢42歳)となっています。

そのような雇用が厳しい沖縄でも社員の待遇がよい優良企業は存在します。

今回は、地元民にとっては有名かもしれませんが、それ以外の地域の方にとってはあまりしられていない沖縄にある隠れた優良企業について取り上げました。

スポンサーリンク

沖縄電力

沖縄県全域が供給区域の電力会社。
実は、沖縄県経済は個人消費や観光関連が堅調で全体として拡大基調のため、電力需要は他電力会社と比較して高い伸びとなっています。

■年収

2018年
平均年収 753万
平均年齢 39.4歳
勤続年数 17.9年
従業員数 1535人
有給消化日数 17.9日

年収も安定していますし、有給消化率も9割近いです。

■業績

2018/3月期
売上高 1,961億円
営業利益 93億円
営業利益率 4.8%

業績は他の電力会社同様、業績が落ち込んでいる点は気になりますが、沖縄は日本でも数少ない人口が増加している地域であり、他の電力会社に比べると安定性は高いでしょう。

沖縄セルラー電話

沖縄県でau携帯電話サービスやインターネットサービス等を提供するKDDIの子会社の通信事業者。
ジャスダックに上場しており、沖縄でトップシェアを有する優良企業。

■年収

2018年3月期
平均年収 742万
平均年齢 40.8歳
勤続年数 10.8年
従業員数 201人
有給消化日数 13.9日

■業績

2018/3月期
売上高 651億円
営業利益 124億円
営業利益率 19.1%

営業利益率は、20%近くとドコモや親会社のKDDIにひけをとらない優良企業です。
年収等の詳細は下記記事をご覧ください。

沖縄セルラー電話の年収と待遇 沖縄県の優良企業

サンエー

総合スーパー(GMS)や近隣型ショッピングセンター(NSC)、食品スーパー(SM)、ドラック店を展開する沖縄最強の小売り。
■年収

2018/2月期
平均年収 498万
平均年齢 34.3歳
勤続年数 11.9年
従業員数 1440人
有給消化日数 不明

平均年収は、他の沖縄大手企業と比べると低めですが、平均年齢が低いこともあり、小売業としては高めの水準です。

■業績

2018/2月期
売上高 1,859億円
営業利益 150億円
営業利益率 8.1%

営業利益率は8%超と小売業としては、非常に高い水準となっています。
又、売上高は沖縄電力に劣るものの、利益は上回っています。

沖縄銀行

沖縄県那覇市に本店を置く琉球銀行と双璧をなす地方銀行。

■年収

2018年
平均年収 559万
平均年齢 38.1歳
勤続年数 14.9年
従業員数 1099人

■業績

2018/3月期
経常収益 528
経常利益 101
経常利益率 19.2%

銀行なので、経常利益を使用しています。

琉球銀行

本業の銀行業のほかに、リース業、ビジネスサービス、総合研究所、保証会社等の事業も行っている地銀大手。

■年収

2018年
平均年収 535万
平均年齢 38.4歳
勤続年数 15.7年
従業員数 1281人

■業績

2018/3月期
経常収益 630
経常利益 123
経常利益率 19.7%

琉球銀行と沖縄銀行は、売上、利益、年収ともに似通っていて、違いといわれると難しいですね。

オリオンビール

シェアでは日本国内第5位だが、沖縄県では最大のシェアを誇るビール会社。
オリオンビールは今は上場していませんが、昔は上場していました。
2019年に投資ファンド、カーライル・グループと野村HDが共同で買収を決めており、話題になりました。

■年収

2018年3月期
平均年収 572万
平均年齢 40.3歳
勤続年数 14.9年
従業員数 164人

■業績

2018/3月期
売上高 283億円
営業利益 30億円
営業利益率 10.8%

年収は高いとはいえませんが、事業は非常に安定感がある優良企業です。
投資ファンドの傘下に入ることでどのような影響があるのでしょうか。

まとめ

以上、小売り、金融、通信、食品と様々な沖縄の優良企業を紹介しました。

又、就職活動中の学生の方向けの就活効率化サービスをまとめています。
就職活動を効率化する就活サービスまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました