エーザイ リストラの概要と割増退職金の金額

割増退職金早期退職

エーザイが早期退職制度のリリースを公表しました。

早期退職制度の概要と割増退職金の金額についてまとめました。
このような早期退職制度、リストラの実施人数や頻度、割増退職金の金額、ターゲットとなる層を抑えておくことはこれから就職・転職しようとする方のリスクの把握に役立ちます。

スポンサーリンク

エーザイの早期退職制度の概要

対象者: 平成30年4月1日現在、当社に在籍する45歳以上かつ勤続5年以上の社員
退職日: 第1回:平成31年3月31日、第2回:平成32年3月31日、第3回:平成33年3月31日
募集人数: 第1回:100名程度
募集期間: 第1回:平成30年12月11日から平成30年12月21日まで(但し、応募の状況によって変更する場合があります)、第2回・第3回も各年度同時期の募集期間を予定しております。
優遇措置: 通常の退職金に割増退職金の加算を行います。さらに、本制度を利用して退職する社員に対して、本人の要望に応じて再就職のための支援を行います。

出典: 2018年10月25日 希望退職者の募集について

‘https://www.eisai.co.jp/news/2018/news201891.html

従業員の減少は、例年40人程度の新卒採用を100人規模に増やすことや中途採用の拡大で対応するということで給与の高い社員をリストラし、給与が抑えられる若手、中堅社員に入れ替えていこうという動きです。今の人手不足の中であれば、転職も比較的しやすいので、今の時期にリストラをするのは良心的といえるでしょう。
対象は45歳以上かつ勤続5年以上の社員となっており、割増退職金がかなりの金額支払われており、手厚い内容となっています。

実際に応募した人数と割増退職金の金額

応募人数: 300名
割増退職金総額: 約66億円

割増退職金は一人当たりで2,200万円と好条件になっています。

エーザイの平均年収は1044万円(2018年3月期)と高いのですが、募集が100人に対して、応募が300人と応募が殺到した状況になっています。
従業員が3,400人程度に対して、300人は約9%にあたり、狙い通り組織の若返りが図られそうです。

定年が近ければ、通常の退職金で2,500万程にはなると想定されるので、合計して5,000万近くの退職金を手にして、早期リタイアするという方や転職市場が好調でミドル以上の転職もしやすくなっていることが理由ではないかと思います。
例えば、定年まであと5年であれば、年収が1,000万から800万まで低下したとしても割増退職金が年平均400万相当あるので、給与が下がっても早期退職制度に応募して転職する方はいるのではないでしょうか。

出典:2019年1月18日 希望退職者の募集の結果に関するお知らせ
‘https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201905.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました