仕事中に目の前の人の視線が気になる方へおすすめの対策

仕事中視線がきになる仕事効率化グッツ

同僚から目の前に座っている人の視線が気になるという相談を受けたことがあります。
彼は、経理というわけではないのですが、一日中座ってPCで仕事をしているホワイトカラーです。そういったオフィスワークをしている方にとっては、多くの時間をパソコンの前で過ごすことになりますし、ストレスなく仕事ができるかどうかが大きくパフォーマンスに影響してきますし、生活のクオリティーにも影響してきます。
彼の話をよく聞くと、お互いにデスクトップを使っているのですが、PCをみているはずなのにお互いに目があうことがあり、非常に気まずく、一度気になってしまうと目を合わせないようにしてもどうしても見てしまって、相手も気になっているのではないかとストレスに感じてしまうようです。

調べる過程でしったのですが、脇見恐怖症という症状のようです。
視線恐怖症の1種で自分が見られていることや相手のことを自分が見ていることをストレスに感じてしまう症状です。

色々と対策を考えて、以下の対策をとって症状も改善されたようですので、今回は同様の悩みを抱えている方に視線対策を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ディスプレイボードを活用する

ディスプレイボードとは、デスクトップPCの画面の上にのせる棚で通常の用途としてはデスクの整理やデットスペースの有効活用のために使われている製品です。

本来の用途とは違いますが、ディスプレイの上に棚を設置してその上に卓上カレンダーや時計、家族の写真、TODOリスト等を置けば目隠しになり、かなり視線を遮ることができます。
彼は自分が見てしまうことで相手の仕事の迷惑になっているのではないかという悩みも持っていたようなので、お互いにストレスを感じることがなくなるのではないかと思います。

又、元々デットスペースを活用してデスクを広く使うという用途がありますので仕事の効率化のためといえば、不審に思われることもありませんし、一番効果が高くおすすめできる方法です。

ディスプレイの位置をあげる

上記はディスプレイの上に物を置く対策ですが、合わせてそもそもディスプレイの位置をあげてしまうという対策もあります。
いわゆる卓上机を活用する方法です。

デスクの上に卓上机をおいてその上にディスプレイを置けば、対面の方と目が合うケースも減るかと思います。
相談を受けたケースでは、対面の方がかなり姿勢がいい方でしたので、上記のディスプレイボードと併用してもらい、かなり緩和されたとのことです。

こちらの方法もデスクを有効活用するという用途がありますし、意外と使っている方も多いですので、自然に使うことができるかと思います。
私も使っていますが、下にキーボードを収納できますので、色々と書類を広げてチェック作業等をしたいときには便利です。

卓上のパーティションを利用する

これはあまり使っている方はいないのではないかと思いますし、使える方が限られてくるのではないかと思いますが、卓上に設置できるパーティションを使うというのも一つの手です。

例えば、以下の製品のように間に書類を挟むことができれば、仕事効率化のためですという説明も可能かもしれません。

ノートPCに変えてもらう

彼の場合は無理でしたし、これもできるかどうかは職場によるかと思いますが、デスクトップからノートPCに変更してもらうのも効果が高いかと思います。

デスクトップPCはどうしても正面を見なければなりませんが、ノートPCは少し視線が下にいくため、対面の方がデスクトップを使っていれば視線があうことはあまりないのではないかと思います。これは正直職場次第で、自分で選べるケースはレアかと思います。

しかし、どうしても悩んでいる方で上記の方法で改善しなかった場合は、上司に相談してみるのも一つの手かと思います。

転職活動をしているときにITベンチャーで自分の好きなPCを使える会社もありましたので、小規模で若い会社の方が融通がきくかもしれません。

私が自分で使うPCを選ぶことができるのであればThinkPadを選びます。プライベートで使っていますが、トラックポイントとショートカットを駆使すれば、マウスを使うよりも効率的に仕事ができます。

ノートPCをお互いに使っている場合

又、上記はお互いにデスクトップPCを使っている場合の話でしたが、お互いにノートPCを使っている場合は対策としては、仕事に関連する書籍を置く本棚を設置する、
TO DOリスト等を貼るためにコルクボードを設置させてもらう、仕事で必要なファイルを立てる等の対応しかないと思います。
ただ、彼にも伝えたのですが、一番効果があると思うのは相手と親しくなることです。
例えば、家族と一緒に過ごしていても気にならないですよね。少しずつコミュニケーションをとることで次第に気にならなくなっていくのではないかと思います。

まとめ

色々と対策を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
実際に悩んでいる方が改善しましたので、一定の効果はあるはずなので、もし視線で悩んでいる方がいらっしゃいましたら一度試してみるといいかと思います。

コメント